2014年07月29日

箕面市の中学校給食を視察しました。

20140729_1089785.jpg

太田県議、今井県議、大和高田、香芝、広陵の議員団で、大阪府箕面市の中学校給食の視察を行いました。

大阪府箕面市は、昨年9月から全中学校で自校方式の中学校給食を行っています。
最新の中学校給食の現状と、導入に向けての準備がどのように行われたかをお伺いしたいと思い、箕面市立第五中学校を訪問しました。」

流石に新しく綺麗な給食調理室でしたが、立派なのはハード面だけでなく、ソフトの面においても全中学校に栄養教員を配置し、市の広報誌に毎回「食育のページ」を掲載して給食について理解を関心を幅広い市民に持ってもらう工夫も行っています。
また、食材を可能な限り地場の材料でまかなうためと地場の農家の出荷先確保のために「農業公社」を作り、農地の活用・農業の継続の施策と一体となって、地産地消の給食の提供にも取り組んでいます。

校長先生のお話では、中学校給食の導入について、指導の困難やアレルギー対応、異物混入、食器の破損など、先生方から懸念の声が大きかったようですが、市長と教育委員会がリーダーシップを発揮したこと、また実施準備の過程で現場の先生方とコミュニケーションを図り、懸念する点を実情に即して検討し改善を図っていったことということで、これが円滑なスタートに結びついていると感じました。
先生方が懸念していた各種のトラブルも、今のところほとんど起きていないようです。

大和高田市での中学校給食の実現に向けても、箕面市のケースを参考にしていきたいと思います。
posted by 向川まさひで at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

駅頭宣伝と学校訪問

10432492_474897622654962_4740597592513657405_n.jpg

今日の朝は、共産党議員団と予定候補そろい踏み+土庫病院の稲次先生も協力していただき、にぎやかに駅頭世伝を行いました。

「亡国の政治にレッドカードを」のビラを配らせていただきましたが、いつもよりもビラの受けとりはずっと良く、1時間で150枚ほどを受け取っていただくことができました。

午後は太田県議、沢田市議とともに小中学校の訪問に。耐震工事が行われている高田中学校の様子、高田小学校の「ステップ教室」(発達障害などにより学習の困難を抱えた児童に、学年のカリキュラムにこだわらずその子に見合った学習指導を行う教室)の視察、身体障害をもつ生徒の普通学級で受け入れている西中学校の、それぞれの取り組みや市の教育行政への要望をうかがいました。

この間、全国的に整備がすすめられながらも奈良県は遅れている普通教室へのエアコン設置や、大和高田市の中学校給食実現にむけた問題などの意見交換も行いました。
20140730_1090753.jpg
posted by 向川まさひで at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

高田子ども夢街道

さざんかホール周辺で行われている「いきいきまつり」とあわせ、市内の小学校・幼稚園・子ども園の児童が手作りで灯篭を作り、幻想的な光で飾る「子ども夢街道」が今年も行われました。
今年は、さざんかホールの南側の「馬冷池公園」に、すべての学校・園の灯篭が飾られました。

10570358_524593030974333_2190279889878357179_n.jpg

ハート形に並べられたり、さまざまな色になるように工夫されたりと、子どもの手作りとは思えないほど美しい光の芸術に、たくさんの人が猛暑をわすれ一時の清涼を感じていました。
1655928_524592974307672_1334578075054896620_n.jpg
posted by 向川まさひで at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

大和高田市まちづくりアンケートを行います。

8月中に、日本共産党大和高田市委員会は、市内全域での「くらしのアンケート」「まちづくりアンケート」を行います。

お家のポストに、アンケート用紙と切手不要の封筒を入れさせていただきますので、ぜひご回答いただき、返答をいただければ幸いです。
「くらしのアンケート」は、主に県政について、「まちづくりアンケート」は大和高田市のまちづくりについてみなさんのご意見をお願いするものとなっています。どうかよろしくお願いします。

なお、アンケートはポストインにて行いますので、集合住宅で管理組合などの定めによって、そうした書類の投函を禁じている場合には、お家に届かない場合があります。
その場合は、お手数ですが日本共産党中南和地区委員会(0745-23-6323)までご連絡いただければ、個別に送らせていただきます。
posted by 向川まさひで at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

あらためて、「市民交流センター(仮)」について

 旧高田サティ跡地に建設予定の「市民交流センター(仮)」に関しての公共施設整備特別委員会が昨日行われました。

 市長は今月中に建設工事の入札公告をはじめ、来月に入札を行い、9月議会で契約案件を議会に上程する構えであり、今回の委員会の最後にも市長からの決意表明がありました。

 私たちはこの市民交流センター(仮)のについて、大和高田市の活気を作ってきた地域を再び元気にするために、公共施設を整備して市民の足を向け、人の流れを作り、活性化につなげていくという考え方そのものは否定しません。しかし、そのためには、建設する施設が、市民に広く、長く利用されるサービスや事業を行い、人の流れを作り続けることが必要です。また施設の維持管理の経費の在り方についても十分検討しなければなりません。建設ありきではなく、何をするのか、何ができるのかということを踏まえた事業計画をしっかりと立てることが必要であるということを繰り返し主張してきました。

 この間の委員会の議論では、私が指摘した公共交通とのアクセスの改善、バス停スペース設置や喫茶コーナーの見直し、また公明党の議員が求めた、火災時にはしご車が接続できる窓の設置など、市の理事者側も委員会の指摘を受けて修正を行ってきています。
 その姿勢は評価しますが、しかし4階建ての建物の構想と、事業の基本計画についてはそのままで建設に取り掛かろうとしています。

 現在の基本計画では、200人規模の「多目的ホール」の年間利用者数を36,000人も見込んでいるなど、利用見込みの根拠が不明確な部分があります。また、年間の維持経費は人件費を含み約1億2000万円が必要になると考えられており、見込み通りの収入があっても毎年約1億円の市の支出が必要です。
 このままでは、「地域活性化に結びつかず負債となる「ハコもの」になってしまうのではないか?」、という懸念を払拭することはできません。


 長きにわたって市民の財産となる公共施設とするために、現在および将来のニーズの調査、他の公共施設等の利用状況、財源の確保、他の市町村の事例などを十分に検討し、市民に説明できる事業計画を立てたうえで建設に臨まなければならないと考えます。

 この間の委員会での議論と理事者側の回答を見る限り、事業計画の十分な検証、検討は議会だけでなく市役所内部でも十分に行われていないと感じています。「これから何が必要で、何ができるか」の突き詰めた議論を置き去りにしたまま、建物の建設を始めれば、必要に見合った建物にすることは困難です。それは結局「ハコモノ」を作ってしまうことにもなりかねません。

 多くの市民の期待を受けている施設建設ではありますが、だからこそ、建ててからどうなるか、どうするかを冷静かつ慎重に検討する必要があります。事業計画の検討が十分になされないまま、楽観的な見通しのもとで建設に取り掛かることには、私たち日本共産党議員団は賛成することはできません。
posted by 向川まさひで at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

青年支部「トークディナー」開催!

今週の日曜日(27日)午後5時27分から、日本共産党中南和青年支部主催のトークディナーを開催します。夕食を食べながら、仕事のこと、社会の事を気軽に語る集いです。会費は2800円です。
場所は、大和高田市神楽の本格インド料理店「クリシュナマハール」です。
定員までまだ少し余裕があります。お集まりください!



posted by 向川まさひで at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

大和高田市の政務活動費についてA

前回の記事に続き、政務活動費について書きたいと思います。

前回の記事について、「共産党は政務活動費の拡充や引き上げには反対しているはず。
政務調査費の活用や増額を言うのは党の方針と違うのでは?」
という指摘をいただきました。

たしかに、今、兵庫県議会などで問題になっているような「第二の議員報酬」として
議員が好き勝手に使ってしまえるような政務活動費の在り方は問題ですし、そのような性質の経費は引き締め、縮小を図るべきです。

しかし、地方議員が市民のために行う政策研究や調査活動などには、適正な経費支給があってしかるべきであると思いますし、それは議員報酬で個人の生計費と一緒くたにして渡されるのではなく、使った経費の明細公表と報告を条件にした政務活動費(政務調査費)という形態の方が、市民に分かりやすいものとなると考えます。

大和高田市は、同規模市の平均よりも月額で約10万円高い議員報酬が維持される一方、政務調査費の執行状況は、平成24年度において、予算3,240,000円に対して、執行390,311円、執行率はわずか12%にすぎません。前回記事のように、大和高田市の政務調査費はとりわけ厳しい運用を行っているためです。資料購入費(主に書籍)、研修費(民間団体の議員セミナーなど外部研修の参加費)、調査旅費(先進自治体の調査など)以外の科目はほとんど活用されておらず、二年連続執行ゼロの議員もおられました。

私は、大和高田市においては、こうした構造を改め、議員報酬は生計費と議員活動の雑費に充当する金額に引き下げるとともに、議員活動に必要な経費については、もっと政務活動費を活用できるように金額・基準とも広げるべきであると考えます。

議員報酬を月額498,000円から100,000円引き下げて398,000円とした場合、月に1,800,000円、期末手当(一時金)も併せて年額で29,300,000円の費用削減効果があります。

政務活動費を年額1,000,000円とし、90%の執行率であった場合の支出は16,200,000円
また年額8,000,000円で90%の執行率であった場合の支出は12,960,000円となり、いずれも議員報酬減との差し引きでは10,000,000円以上の支出減となります。

大和高田市の議員1人当たりの議員報酬は年額約8,100,000円なので、後者の試算であれば、差額は議員2人分の報酬に相当します。

続きを読む
posted by 向川まさひで at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。