2010年12月21日

社会保障と「コスト」

よりによってクリスマスイブの日に親知らずを抜く羽目になりました。
知らない間に虫歯が進行していたようです。
まあ、どうせ何の予定もないのですが・・・orz

言いかげんうんざりの民主党党内政局、朝鮮半島の情勢、いろんなことが
膠着した状態で新年を迎えることになりそうです。
社会保障や教育の分野も、障害者自立支援法の実質延長、介護保険の改定先送り、
奨学金増額見送りなど、いい方でも悪い方でも「現状維持」になった
項目が多いようです。

しかし、社会保障や教育の分野では、政権交代前は民主党にも期待するところが
あったのですが、見事に「交代」ならぬ後退してしまいました。
財政難だ、財源が見つからないというのがその理由のようですが、
「強い社会保障」とか「教育は国の根幹」とかいうのならば、お金がない、
で済ませてよいものではないはずです。
結局のところ、スローガンとは裏腹に、医療や教育への公的支出を「必要だが
できるかぎり安くあげるほうがよい『コスト』」
だとしか、
考えていないのではないかと思います。
そうではなく、国のお金の使い道を大胆に変え、一定の負担増を伴ってでも
社会保障や教育を充実させ、本当に国の根幹に据えるという姿勢が
今の閉塞を打ち破るものになるはずなのです。
(もちろん、菅首相らは消費税などの水平課税や応益負担を言ってくるでしょうが、
私たちは応能負担原則による所得税・法人税の見直しや社会保険料の改正を
求めます)
社会保障への投資は、雇用を生み出す力だけでなく、医療分野では技術や機械の
発展を促し、介護分野では介護を受ける人の能力を維持・または引き出し、
介護のために働けなかった家族にも社会への参加機会を提供します。
そして雇用分野は労働力の質的向上と雇用の調整の役割を果たすなど、
社会保障の充実と経済の発展、社会の安定とは不可分の関係にあります。
国や社会全体で見た時の教育の果たす役割は言うまでもありません。

しかし、こうしたことは短期的に結果が出るものではありません。
ゆえに、一方的な支出であって、無駄遣いやあるいは人気取りの
ための「施し」、「バラマキ」という目で見られることも多いです。
だからこそ政治家のきちんとした考えが求められるのです。

こうしたお金を、短期的に成果が出ないという理由で「出来るだけ安く
上げるべきもの」とみなすのは、企業で言えば「売り上げに結びつかない部門」
を徹底的に切捨て、切り下げしすぎた会社経営者と同じです。
調査研究や人材育成、職員研修などを削った結果、人材が育たず、仕事の管理も
忙しい現場に任せきりで改善されない、新入職員の採用をせずに何年もいて、
いざという時に仕事を増やしたりすることができない、
そういう結果に陥っている企業も少なくありません。

こうした民主党のブレの目を覚まさせるような、分かりやすい社会保障・教育
重視の国家・社会のあり方を示すイメージを作りたいのですが、
なかなか難しいです。数字の裏づけがないと説得力がありませんし、しかし
数字だらけでは関心の薄い人にまで広げる力をもてません。
市議選には間に合わないかもしれませんが、この冬にしっかりと学び、
考えたいです。

KC2A0005.jpg
△実家から送られてきた実家の柴犬(さくら・オス・11歳)の写真です。
犬なのにストーブやホットカーペットが大好きです。
年末には実家に帰りたいな・・・

ところで私が小泉元首相の政策で最も許しがたく思っているのは、
「米百俵の精神」を言いながら、奨学金のローン化をすすめ、
地方自治体への文教予算のカットを進めたことです。
「言ってることとやってることが違う!」と強く思いました
posted by 向川まさひで at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック