2011年01月16日

尊敬する人たちのこと(3)

「尊敬する人たちのこと」の続きです。


【ヤン・ウェンリー】
宇宙暦700年代末期の人物です。「魔術師ヤン」として有名です。
自由惑星同盟滅亡後、エル・ファシル独立政府に身を寄せ、
革命軍を組織して民主共和制の存続のために力を尽くしました。

・・・と、ふざけて書いてしまいましたが、「非実在人物」と明記
していますように、フィクションの人物です。

「ヤン・ウェンリー」とは、田中芳樹氏の小説「銀河英雄伝説」
おける主人公格の人物です。フィクションの人物とはいえ、私の
政治に対する考え方、目指す生き方に大きな影響を与えた人物です。

「銀河英雄伝説」の世界は、はるかな未来が舞台です。
専制君主制と身分制国家の「銀河帝国」、民主共和制をかかげる
「自由惑星同盟」、帝国から半独立の通商惑星国家「フェザーン自治領」
が、人類社会を分けて争っている世界で、ヤンは自由惑星同盟軍の軍人と
して戦います。

しかし、この小説では「自由惑星同盟」が正義の国というわけでは決して
ありません。
長らく続く戦争の中で、「帝国」も「同盟」もどちらも疲弊し、また腐敗
が進んでいます。
同盟においては、長期にわたる戦争で社会的インフラが弱体化し、
中年・壮年の人材が枯渇するなど、社会の危機をむかえていました。
一方で戦争関連の産業は利権化し、政治家と結びついて栄えています。
政治家も、利権の保持と社会危機の糊塗のために、愛国心や民主主義の
正義を説き、国民を扇動して戦争を推進し続けました。

ヤンは、歴史学者を志していましたが、父親を事故で失い、やむなく
「タダで歴史を学べる」と、士官学校の戦史科に進みます。
歴史的なものの見方を具えていたヤンは、愛国心や民主主義の正義にも
否定的な立場からとらえていました。軍人としての仕事もお礼奉公的に
考えていたヤンでしたが、民間人救出作戦に成功し、若くして「英雄」
になってしまったため、適当なところで軍人を辞めるという道が
なくなってしまいます。
「英雄」としての自分の評価にもずっと批判的であったヤンですが、
結果的に立場が上がるほど指揮官としての才能を発揮し、自由惑星同盟軍の
司令官の一人になってしまいます。

そのころ銀河帝国では、この小説のもうひとりの主人公格である
ラインハルトが頭角を現してきました。
自由惑星同盟軍は、主戦派が煽った銀河帝国への無謀な遠征作戦を行い、
ラインハルトのすぐれた軍略により壊滅的打撃を受けてしまいます。
ヤンは、残った自由惑星同盟軍の中核として孤軍奮闘する一方、
遠征の撃退で評価を上げ、腐敗した帝国貴族たちを粛清し、帝国の
実権を握ったラインハルトを冷静に見つめます。

ラインハルトは下級貴族の家に生まれ、母を貴族の子弟が起こした無謀な
交通事故で失い、父はそのことで酒びたりになり、美しい姉は皇帝の後宮に
否応なしに入れられるという中で育ち、腐敗した帝政、貴族を憎み
盟友のキルヒアイスとともに、自らが権力を握り、銀河帝国を変えようと
します。
皇帝を傀儡にして全権を握ったラインハルトが行った政治は、権力のための
人気取りという側面もあるにせよ、公平な税・裁判・法律の整備であり、
行政の腐敗の一掃、貴族特権・身分制度の廃止、社会保障の整備など
すぐれて「民衆のためになる政治」でした。
ここで物語は、「腐敗した民主政治」対「公平かつ清潔な専制政治」という
図式になります。自由惑星同盟の政府首脳は国民の人気の高いヤンを危険視し、
執拗な嫌がらせを行い、行動の自由を奪おうとします。
政治的野心もなく、「信念」という言葉を嫌い、気楽な立場になることを
求めている、ありふれた青年であるヤンですが、自由惑星同盟の首脳の腐敗、
主戦論に踊らされる人々に辟易しつつも、民主政治を守ることには強い意志を
もち、戦い続けました。
ヤンは、銀河帝国=悪という図式に凝り固まった主戦論とは一線を画し、
ラインハルトの政治を高く評価し、一方で「専制政治が全人類を支配するのは
避けるべきである」
と考え、帝国と同盟の和平の道を探ります。
しかし、ラインハルトの野心とさまざまな陰謀により、ラインハルト率いる
銀河帝国軍の全面的な侵攻、そして自由惑星同盟の滅亡という結果を迎えて
しまいます。

危険人物視され、暗殺されかかったヤンは、なおも民主政治のもとに集まった
人々とともに、帝位を奪って皇帝となったラインハルトと戦います。
ヤンは、あくまでも民主政体の存続を目指していました。そのためには
形式的に帝国に属する形になってもよいと考えていました。
「血統で選ばれる統治者個人の力量に依存する専制政治は、いずれ困難になる。
その時、民主共和政治の政体が一つでも残っていれば、別な政治モデルを
提供することが出来る」
と。

皇帝ラインハルトとの間でようやく和平の糸口をつかむことができ、会見に
向かう途中、ヤンは和平を阻止せんとするテロリストの凶弾に倒れ、
33歳で命を落とします。
ヤンの願いは後継者のユリアン・ミンツ(もうひとりの主人公格)らによって
受け継がれ、物語の最後で実を結ぶこととなります。

私は学校で「民主政治のよさ」は教わりましたが、「なぜ民主政治なのか」
考えさせ、教えてくれたのはこの小説であり、ヤンであったと思います。
また、世間で「正義」とされていることに疑いを持つことや、
現在のものごとを絶対的なものと考えず、歴史的な視点から「現在」を相対化して
とらえることの必要性を学んだのもヤンからでした。
(あと、紅茶が好きなのもヤンの影響ですが、ヤンの好物である「ブランデー
入り紅茶」はアルコールがダメな私には残念ながら飲めません)


「銀河英雄伝説」は、青少年向けのいわゆるライトノベル作品ですが、
私はいくつになっても、尊敬する人物にヤンの名前を挙げることができると
断言します。

最後に、私が特に印象に残っているセリフを紹介します。
「・・・なぜなら民主主義とは力を持った者の自制にこそ真髄があるからだ。
強者の自制を法律と機構によって制度化したのが民主主義なのだ」
「民主国家の市民には、国家の犯す罪や誤謬に対して異議を申したて、批判し、
抵抗する権利と義務がある」
「いい人間、りっぱな人間が、無意味に殺されていく。それが戦争であり、
テロリズムであるんだ。戦争やテロの罪悪は結局そこにつきるんだよ」
「……私は最悪の民主政治でも最良の専制政治にまさると思っている」
posted by 向川まさひで at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック