2011年05月02日

奈良県メーデー

あいにくの雨模様となりましたが、今日は奈良県メーデー。

奈良公園で集会の後、デモ行進に出発します。

震災による地域経済の破壊が、今働く人の暮らしへと広がりつつあります。
被災地周辺では、直接的に工場などが失われたことによる失業増加、
そして、その影響によって、さらに取引先がつぶれて経営危機に
陥ったり、材料の不足や高騰による需要の低迷での経営悪化など、
働くみなさんへのしわよせが出ています。

大和高田にも、間接的に影響を受けている人がすでにいると
連絡をうけています。ただちに雇用を失うまでに至らなくても、
仕事が減って一時帰休を余儀なくされている人にも会いました。

今後、震災復興のために東北地方で多くの資材が使われるため、
資材価格が高騰し、そのため奈良県内では建設需要が冷え込み
地域の建設業がピンチになるというお話も伺いました。


今後、大和高田市政、また奈良県政でしっかりと把握し、
対策をとることができるように議会で働きかけたいと思います。20110501103956.jpg


ところで、震災復興の財源をどうするかは与党内でも決着がついていない
ようですが、少なくともこの時期の消費税増税は、国内需要を冷え込ませ、
復興にもプラスにならないので、絶対に賛成できません。
いわんや、震災復興のためという口実で増税しながら、廃止の時期を
明らかにせず、どさくさまぎれに恒久増税にしてしまおうとするような
今の政権のやり方には怒りを覚えます


社会保障制度はこのままではもたない、消費税増税が必要だと
さんざん言っていたのはなんだったのか、消費税の使い道にも、
ふたたび疑問をぶつけなければと思います
posted by 向川まさひで at 01:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

NO.2046 原発からの撤退、そのために期限をきめたプログラムを
Excerpt:  大震災を受けて、政党のあり方が鋭く問われている。 1日、東京・代々木公園で開かれた中央メーデーでの共産党志位和夫委員長のあいさつ。 まったく明快な正論です。        青い鳥..
Weblog: 大脇道場
Tracked: 2011-05-06 09:19