2011年11月27日

こどもまつり

今日も午前中は「無料塾」、午後からは土庫病院の院内保育所である
「ひまわり保育所」と新日本婦人の会が合同で初めて行った
「こどもまつり」に参加しました。

20111127131638.jpg
△ひまわり保育所の前でもちつきをやっている様子です。

初めての取り組みでしたが、予想を超える参加者があり。カレーライスやおでんなどは
私が無料塾を終えていった頃には売り切れてしまっていました。

石臼と杵でついたつきたてのお餅はたいへんおいしく、子供たちも大喜びでした。
もちつきに私も挑戦しましたが、慣れないものでなかなかうまくいかず・・・。


さて、大阪の選挙結果は大変残念なものでした。
敗北、というしかありません。
私たちも、府民の気持ちに寄り添えなかったという点で反省するべき
点はしっかりと反省しなければならないと思います。

以前にも書いたように(参考@ 参考A 参考B)、
維新の会の政策には、個別の政策においても、
その根底にある人間観、社会観にも大きな問題があります。


教育や社会の全体を見た場合、決してプラスにはなりません。

維新の会が府・市の首長を掌握したことで、大変悲観的な意見も
出ていますが、私たちの戦いはこれからも続きます。
選挙まではぼんやりとしたイメージでしか語られなかった政策が
いよいよ具体像を示してくるはずです。その問題点を
府民、市民に分かるかたちで追及していくのが、これからの戦いです。

2005年〜6年の小泉フィーバーも、2008〜9年の民主党フィーバーも、
その政策が現実化するにつれ、化けの皮がはがれたではありませんか。
最近では、名古屋の「減税日本」もそうではないでしょうか。
これらの政党・政治家の動きを、問題点を明らかにして
一貫して追及してきたのが私たちの仲間、先輩ではないでしょうか。

決してあきらめはしません。これからが正念場です。


posted by 向川まさひで at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

NO.2169 ノーパサラン! 奴らを通すな!(11/25のツイートより)& 橋下元知事の実績
Excerpt:  ノーパサラン! (ドロレス・イバルリの熱き息吹、ニカラグアの独裁と戦ったサンディニスタ民族解放戦線の歌)        明日は、いよいよ大阪ダブル選挙の投票日です。 「独裁」を許さない..
Weblog: 大脇道場
Tracked: 2011-11-28 15:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。