2016年07月02日

6月議会報告A 交付金不正問題について、日本共産党議員団より市民の皆様へ

 今回の国庫交付金をめぐる不正の事件は、市の行政を正すべき私たち市議会議員の役割も、厳しく問われるものとなりました。チェックが及ばず、不正を見逃す結果となってしまったことを市民の皆様に心からお詫びするとともに、改めて研鑽に努め、行政監視力の向上、議会の改革に取り組んで参ります。

 辞職勧告決議案が否決となり、市長の責任に対する議会としての明確な意思表示ができなかったことは極めて残念です。今後、決議案で指摘した事項が正しく進められ、市民の市政に対する信頼を回復しうるものかどうか、引き続き市民の皆様とともに議会からチェックしていきます。
日本共産党大和高田市議会議員団  沢田よう子・向川征秀
posted by 向川まさひで at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439674749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック