2019年04月13日

大和高田市の財政は?

大和高田市の課題に対して、取り組むべき市の財政はどのような状況でしょうか?

@ 健全性は保たれている市財政

 大和高田市は「赤字」だと思われている人がいますが、実は黒字会計が続いています。平成22年度より実質収支は黒字に転じて、それから黒字が続いています。
 財政健全化の指標である実質赤字比率は、平成20年の7.13から▲9.53へ、連結実質赤字比率は同7.11から▲27.18と大きく改善しています。
 財政の健全化に大きく寄与しているのが公債費、借金返済に充てられる市税で、平成20年の約35億円から、平成29年度には約25億円に減少しています。実質公債費比率は19.7から9.7に低下しています。


A 今後の見通しは重い

 現状で財政は大きく改善していますが、今後、新庁舎建設のための公債費、公共施設やインフラ整備のための建設事業費などの支出が増え、また扶助費も今後伸び続けます。平成30年度においては、新庁舎整備・学校エアコン設置・公共施設のブロック塀改修・住宅新築資金等貸付金特別会計の清算などで、累積黒字と基金、つまり貯金を約半分使ってしまいました。一方で市税収入の伸びは見込みにくく、今後財政が硬直化する懸念があります。


B 市民のくらしに活かせる財源は

 しかし、10年前と比較した場合、市が自ら使い道を決められる財源である「一般財源」は約10億円増加し、その一般財源を使わなければならない義務的経費は17億円減少しています。先の見通しは楽観できないとはいえ、直ちに財政硬直化をきたすものではありません。
 市民の暮らしのために、政策的に投資を行える財源はあります。
posted by 向川まさひで at 01:02| Comment(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

大和高田市の課題とは?


5月に年号が変わるとともに、大和高田市の市長も交代し、新しいまちづくりが始まります。

その中で、市政の課題をどう解決するかが問われます。
市民の皆さんの選択を前に、大和高田市の課題を整理します。

@ 人口減少・街の空洞化

 大和高田市の人口は2000年4月の73648人から、2019年4月時点で64966人と大幅に減少しています。
近年の傾向では、自然動態(出生―死亡)、社会動態(転入―転出)のいずれもマイナスであり、合わせて毎年700人〜800人余りの人口減少が生じています。
 このため、空き家が増加し、特に市中心部の空洞化が深刻です。人口の減少は、地域の経済需要の減少でもあり、経済もまた停滞しています。

A 住民負担の重さ

 公共料金の上昇は全国的傾向ではありますが、大和高田市の水道料金は家庭用20mm20㎥で税込4622円と、県下で3位の高さとなっています。
 また、国民健康保険や介護保険料の負担を訴える市民の声も強いです。この二つは、特別会計としては黒字が続いており、本来ならば保険税・保険料の引き下げ、見直しをすべきです。
 この他、一般ごみ(燃えるゴミ)の指定ゴミ袋の負担の重さを訴える声が大きくなっています。

B 市役所の機能低下

 この四年間に、街路事業における虚偽報告・交付金返還事案など、市役所の業務の不備による問題が頻発しました。
 財政難を理由に職員を絞り込み、非正規化や兼務を広げた結果、行政の処理能力が低下し、内部での業務執行のチェックが働きにくくなっています。
 大和高田市は今後、現在取り組んでいる新庁舎に続き、公共施設・インフラの更新、再整備に取り組まなければなりません。しかし、それを適正に執行していくにはマンパワーが不足し、人材育成も追いついていない現状があります。
 また、「地方創生」事業など、国からの補助金・交付金による事業が増えていますが、それらの適正な執行を市役所自らが計画できず、外部委託によって作られた「計画」に基づいていて、現実とのギャップが指摘されています。国・県の方針、コンサルタントの言いなりでは、本当に大和高田市のためになる事業かどうか精査できません。
posted by 向川まさひで at 23:59| Comment(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

「高田民報」19年春号ができました。

「高田民報」19年春号ができました。

今号では、表面は3月議会の報告、裏面は4年間の大和高田市議会の振り返りとなっています。

表面
・平成31年度予算成立
 新庁舎着工は9月に
・議員発議による議会関係条例改正
 視察廃止・定数1削減
・学童ホームの時間延長を求める請願採択


高田民報1904月.jpg

裏面
・特集 大和高田市議会の4年間を振り返る


高田民報1904月2.jpg続きを読む
posted by 向川まさひで at 22:53| Comment(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

高田民報 冬号ができました。


少し遅くなりましたが、「高田民報」冬号ができました。
只今配布中です。

1面 市議・県議・予定候補者ご挨拶
   就学援助制度の改善について
   小中学校エアコン設置について

高田民報19新春ー1面.jpg

2面 12月議会一般質問
   学童ホームの時間延長について
   「住宅新築資金等貸付金特別会計」について
   サラリーマンも年金生活者も確定申告を


高田民報19新春ー2面.jpg
posted by 向川まさひで at 00:35| Comment(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月定例議会が開会します。

市長・議員ともに今回の任期最後の定例議会が始まります。皆さんのご注目と傍聴へのご参加をお願いします。

3月度定例議会 本会議・委員会の会議予定(変更となる場合があります)
1日(金) 本会議 議案説明
4日(月) 本会議 議案質疑 午後:総務財政委員会
5日(火) 委員会 午前:民生文教委員会 午後:環境建設委員会
6日(水) 予算特別委員会
7日(木) 予算特別委員会
8日(金) 予算特別委員会 (予備日)
11日(月) 委員会 新庁舎建設特別委員会
13日(水) 本会議 委員会報告・討論採決・一般質問
14日(木) 本会議 一般質問

 ※議会はおおむね午前10時から開会します。予算委員会と本会議は39人まで、どなたでも傍聴できます。委員会の傍聴は委員長の許可が必要となっています。詳しくは大和高田市議会事務局(0745-22-1101)までお問い合わせください。

◆学童ホームの時間延長を求める請願が提出されました
 放課後の小学生が過ごす「学童ホーム」(学童保育)は、市内各小学校に付属して設置されていますが、保育所が6時30分または7時までとなっているのに対して、学童ホームの終了は6時までとなっています。働く保護者の方には厳しい時間となり、時間を過ぎた場合に、子どもだけで待たなければならない実態もあります。
保護者の方々から、せめて保育所と同等の開所時間にしてほしい、と時間延長を求める請願署名が集まり、市議会に提出されました。
 5日の民生文教委員会で審査が行われる予定です。

posted by 向川まさひで at 00:20| Comment(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする