2015年04月11日

やるべきことをやりつくし、最終日

朝はあいにく雨が残る天気となりましたが、雨が上がり暖かくなるとともに、市民の方々の反応もグングン上昇、あちこちで大田県議は握手攻めになるような状況でした。

「もう投票に行ってきたよ!家族3人分!兄弟にも全部言っといた」というような反応もあり、たいへん勇気づけられました。

最後に地元と駅前で行った訴えでは、夜の8時前にもかかわらずあわせて100人近い方々が参加してくださいました。
他陣営はもっと多く集めたという情報もありますが、参加者の熱気と行動はけっして劣っていないと思います。電話等での支持拡大の状況も上々でした。

大田県議が声を枯らしながら最後の力を振り絞っての訴えには、自然と拍手が沸き立ち、なんとしても「変えよう高田」の流れを、さらに前にすすめよう、と誓いました。

やるべきことをやり尽くした選挙戦になりました。しかし、私たちの仕事はまだあります。
足が悪く投票所にいけない方を送迎し、また支持を頂いた方に改めて明日の投票日に必ず投票に行かれることをお願いする活動です。

勝敗は投票箱の蓋が閉まるまで!

20150411_1379983.jpg
posted by 向川まさひで at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

最終盤の追い上げ!穀田衆議院議員が来援

最終盤の県会議員選挙、あとひと押しの勢いをと、小池晃参議院議員に続いて
穀田恵二衆議院議員も来県、土庫病院玄関前で訴えました。

国政の動きと県会選挙の繋がり、今回の選挙の意義、そして大田県議の議席の値打ちについて
訴えを行い、飛び入りで稲次医師も訴えてなんとしても勝利を、と盛り上がりました。

20150410_1379052.jpg

大田県議に対する反応はよく、また夜に谷川候補の候補者カーに向かって
「共産党が伸びれば日本はよくなるぞ!頑張れ!」と見知らぬ方が声を張り上げてくれました。

選挙戦最終盤、勢いがついてきた感じがありますが、未だ勝利の確信を得られる状況にはありません。

相手陣営も必死です。「反対ばかりの県議はダメ」などと、大田県議の実際の発言の議事録すら把握していないことが明白の、
使い古したデマコピペのようなアナウンスまで出てくる始末です


共産党の奈良県議会の議席は、どれひとつ磐石ではなく、大田県議の大和高田の議席を含めいずれも議席喪失、後退の危険を大きくはらんでいます。
最終日になんとしても押し上げを!
posted by 向川まさひで at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

選挙戦いよいよ終盤へ

県会選挙もいよいよ終盤。
他陣営とのつばぜり合いも多く、また一部では圧力を伴う締めつけも行われているという情報が入っています。
相手も必死。ですが、こちらには掲げる政策とビジョンがあります。
正々堂々、みなさんの前に選択肢を示し、戦うのみです。

明日、穀田恵二衆議院議員が最終版の支援に駆けつけ、土庫病院前で訴えを行います。
午後1時から行いますので、雨が予想されますがぜひお越し下さい。

posted by 向川まさひで at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

小池晃参議院議員が来援!

小池晃参議院議員が奈良県議会選挙支援の為に来県、大和高田市でも街頭演説会を行いました。
急遽決まったことであり、平日の午後3時という時間帯にもかかわらず
100人を超える方に参加していただけました。
20150408_1376687.jpg

いよいよ選挙戦後半、最後の最後まで気を抜かず走り抜きます!
posted by 向川まさひで at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

県議選5日目。事態はまさに緊迫

選挙戦5日目、午前中は大田県議候補と、午後は谷川知事候補とともに行動しました。

門前まで出て街頭演説を聴いてくれる人も増え、雰囲気は上がってきています。
一方、新人候補の出発式で「保守2人の県議を」という発言があったと地域新聞が報道し、
また、未確認情報ながら公認・推薦候補を出していない某政党が太田以外の2候補に
票を分けるように動いている、ということも伝わってきました。


オール与党・保守勢力による「太田落とし」の意図は明白、状況はまさに緊迫しています。
しかし、これで市民に示される対立軸はいよいよ鮮明になってきました。
保守勢力による保守勢力のための県政を進めようという2候補か、党派を超えて高田市民のために県政で働く太田あつしか、という選択です。

2013年参院選京都選挙区で、知事や市長まで参加しての票割り、共産落としの攻撃を跳ね返して
倉林参議院議員の議席を勝ち取ったように、私たちもこのような企みを必ず打ち破ります。


明日、小池晃参議院議員が来県します。ぜひ演説会にお越し下さい。
11151028_819873324754401_4950339297523000223_n.jpg

さて、後半戦の宣伝物を作るにあたって、市議選三人にそれぞれシンボルとなる草花を付けようということになりました。
沢田市議はチューリップ、所予定候補はクローバー、ということで私は
オリーブ.jpg
△オリーブの葉にしました。

オリーブは「平和」と「知恵」を象徴し、また「勝利」のシンボルにもなっている縁起の良い植物です。
posted by 向川まさひで at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。