2016年07月08日

異様な自民党の教育現場介入

今日、ネット上でこのような記事が流れてきました。
自民党が「学校教育における政治的中立性についての実態調査」をはじめ「密告」をお願い→批判殺到し削除
http://matome.naver.jp/odai/2146798733344433901
Cm2D6cNUEAEvuWH.jpg

異様の一言に尽きます。
まず、「教え子を戦争に送るな」という平和主義教育のスローガンまで敵視の対象としていることです。
この言葉は、国策に基づいた教育を行い、国家と戦争の正義を信じ込ませ、人命を軽視して多くの若い命を失わせることになった戦前の教育に対して、当時教壇に立っていた教員・元教員の深い反省と自己批判が込められた言葉です。
この言葉を敵視するということは、戦前の「国策教育」を是とするということでしょうか。
おそらく、そのような教育を求めているのだと思います。

そして、「政治的中立」の名のもとに、教員の言論を監視し、教育への政治的介入を
図っているということです。
自由と民主主義という自らの党名を汚すふるまいです。

この人たちが考える「政治的中立」な教育とは、つまり「国の方針に忠実」かつ「無色透明」、政府の見解や教科書の通りに教えるということのように思えます。
大和高田市の6月議会でも、公明党議員が「教員が自分の主張を授業に入れることが絶対にあってはならない。チェック体制を」という趣旨の質問をしました。

それは、教育というものに対し、また民主主義に対して不見識きわまるものです。

教育とは、きわめて人格的な営みです。学校では、教員が自らの言葉、行動を通して子供たちを教え導き育てるもの。教育内容には否応なく、その教員の人格が反映されます。
中立性を強調し、教員が自らの感性や思想を封じ込め、自ら考えての言葉ではなくルールに基づいた言葉で話すという、個性・人格なき教育で、子供たちを教えることはできません。
別の角度でいえば、様々な生徒からの問いかけに対し「先生はこうだと思う」ということが言えない先生を子供たちはどう思うかということです。

また、国の見解に忠実であることが「特定のイデオロギーに偏らない」「政治的中立」であるというような認識も、そもそも間違っています。
国の見解も、つねにイデオロギーの影響を受けざるをえません。たとえ民主主義国家においても。
それゆえに民主主義と国民主権を健全に機能させるには、国の見解を相対化し、疑うというプロセスが欠かせないのです。


「偏った」意見を排し、「お上」の見解やその場の多数意見に疑問なく従うことを良しとする「自称中立」が民主主義にとってもっとも危ういものです。「偏った」意見を排して「政治的中立」を徹底しようという立場は、国民主権の国の主権者教育に矛盾すると言わざるを得ません。

無論、教員がどんな教育をしてもよいということではありません。自分と意見の異なる生徒や保護者に不利益な扱いをしたり(それをほのめかした威圧したり)、批判を許容しなかったり、差別や偏見を先導する言動を行ったり、職権を利用し、教育の枠を超えたことを強要したりなどということは許されることではありません。しかしそれは、教員としての規範と職業倫理、社会人としての品格に属する問題です。

一つの「中立的」見解に統一し、偏りをなくすことが「中立性」ではありません。
民主主義の社会において「中立」とは、様々な「偏った」見解や意見が併存し、意見を交わし、社会全体のバランスを維持することです。
続きを読む
posted by 向川まさひで at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

6月議会報告B 一般質問を利用した党派的攻撃に抗議

選挙期間中ゆえ、ブログへのアップは控えるべきかとも思いましたが
この件も含めた党派的攻撃が選挙中も行われていると耳にしたため、あえてアップします。

6月16日、公明党・藤田議員の一般質問が行われました。

質問の中で、医療法人健生会の健康まつりでの管理不備を取り上げ、市の公園占有許可のあり方をを質問していました。
言い回しに民医連への攻撃的意図を感じましたが、あくまでも市の管理の徹底を求めるものであって
これ自体は一般質問の範囲です。

しかし、その際に沢田よう子議員の名誉を毀損する発言が行われました。
地域の後援会の方々が出したバザー出店「沢田よう子の店」を見て、「文書図画違反ではないか」「収入は所得申告しているのか」「寄付行為ではないか」などと発言し、沢田よう子議員が公選法や所得税法などの違法を行っているのではないかと疑っていました。
しかしその根拠はなく憶測でしかありません。
沢田議員に対して確認が行われてもおらず、その「店」が沢田議員の経営ではなく地域の後援会が出した店であることも調べていないにもかかわらず、そのような発言を行ったのです。
まったく、沢田議員に対する誹謗中傷でしかありません。

そもそも一般質問は行政を質すものであり、他議員には答弁権はありません。
このの発言は、議会一般質問の趣旨にも反します。
沢田議員に問題があると思うならば、全員協議会なり議会運営委員会で提起し、沢田議員に弁明を求めるべきものです。そういった話は一切ありませんでした。

私は当該発言箇所の取り消しを求めました。
議会運営委員長や他議員も説得しましたが、藤田議員は拒否。
私は発言取り消しを求める動議を提出し、賛成多数にて可決されたものの
強制力はなく議事録に残ることになります。

公明党議員は動議への反対討論で、動議の内容には反論せず「疑いがあれば発言するのは当然」と開き直るばかりでした。
ですが、そんなことが通るものではありません。憲法や法律に明記されてはいないものの、地方議会での発言には一定の免責があり、議員の発言は保護されます。しかしそれゆえに、議事録に残る発言は重大な意味を持ちます。議員はその重みを理解したうえでの発言をしなければなりません。
証拠もなく調査も行わず、特定の人物が違法行為を行っているかのような発言を議会ですることは、法的に保護されません。

法的措置を含め今後の対応を協議しているところです。

会議場で動議を説明する際、私はいささか感情的になってしまいました。怒りよりも失望と悲しさです。
藤田議員は私と同期当選で、党派は違えども、年長の議員として、また住民の立場に立った発言や行動に対して敬意を持っていました。
しかし今回の発言は心底失望にたえません、ただ悲しい限りです。


続きを読む
posted by 向川まさひで at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

政見放送をご覧ください

選挙戦最終盤を迎えています。
日本共産党は、テレビCMを行っていない(お金が・・・)ので、テレビで皆さんに訴えるのは
報道番組を除き、基本的には政見放送のみとなっています。
今回は比例候補を多く擁立しているため、長めの内容となっています。
テレビ放映はあと 7日(木) 9:05〜 を残すのみとなりましたが、ネットではいつでも見ることができますので、ぜひ、ご覧ください。

日本共産党・政見放送



また、今回はかつてない情勢のもと、かつてない組み合わせの演説も生まれています。

香川県で民進党・小川衆議院議員が、野党統一候補となったわが党のたなべ候補を応援!



山梨では、わが党の不破前議長が、野党統一候補の民進党公認、宮沢候補を応援!


ぜひ、ご視聴ください!
続きを読む
posted by 向川まさひで at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

マイナーかも、でも大事な公約を紹介しますA

昨日分の続きです。


J本部との交渉権、契約内容やロイヤルティーの適正化などを盛り込んだ「フランチャイズ適正化法」を制定
コンビニなどで増えているフランチャイズ形態の店舗オーナーに、交渉権など「自営業者」としての権利保障を実現。します。本部による違法な圧迫行為には罰則を設けます。

K個人保証の原則廃止
これまで政府も何度も検討しているが実現に至っていないものです。個人保証は保証人の生活破壊を生んでいるとともに、経済弱者が自立のための融資を受けるにも障壁となっています。

L動物殺処分と動物実験を減らす
ペットに関しても政策を提示しています。適正なペット譲渡促進で殺処分を減らす、幼少動物の販売規制、災害へのペット同行避難を災害対策計画に、動物実験代替方法の普及などを含んでいます。

Mマンション管理組合への支援、相談窓口の整備をすすめる。
大規模修繕など大きな問題に対し住民の意思を尊重した解決ができるよう、技術的支援や経済的支援を行います。

N「軽費老人ホーム」「地域優良賃貸住宅」の整備
保証人問題と合わせ、低所得高齢者の住まい探し困難は深刻です。保証人もいないため適切な住居への入居が難しく、防火防犯に難のあるところに住み続けざるを得ない独居高齢者もおられます。

続きを読む
posted by 向川まさひで at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

マイナーかも、でも大事な公約を紹介します@

参議院選挙が始まっています。
今回、日本共産党は多岐にわたる政策を打ち出しています。
消費税の問題、TPP、安保法制の問題など、大きな問題は新聞や演説でもよく取り上げられますが、
それ以外にも大事な公約があります。

SNSからの再掲になりますが、
全体から見ればマイナーかもしれないけれど、でも大事な公約、
を20点に絞って紹介したいと思います。

@労働基準監督官の倍増
 →ブラック企業の根絶、労働法制の現実化には労働基準監督官の大幅増員が欠かせません。
 欧米並みの配置を行い、働く人の命と暮らしを守る実働部隊を整備します。

A20年以上そのままの所得税基礎控除の大幅な引き上げ。
 すぐに無理なら給与所得控除最低額の引き上げを。現在の所得税基礎控除38万は生計費にほど遠く、生計費非課税原則から見て当然の引き上げを。
 なお私は、給与所得控除全体を引き上げるような「サラリーマン減税」には反対です。基礎控除引き上げとセットで給与所得控除は上から縮小し、経費計上を大幅に認めて申告納税権を回復すべきという考えです。税金は「取られる」のではなく「納める」ものとすることが、税に対する国民の監視向上には欠かせません。
 また、現代において、給与所得での納税者、いわゆるサラリーマンのうち、所得税負担が明確に社会保険料負担を上回っているのは上位3分の1弱に過ぎないのです。中上位〜中位は拮抗し、中下位層以下では明確に所得税<社会保険料となっています。ゆえにサラリーマンに必要なのは所得減税よりも社会保険料軽減と考えます。


B家賃負担に対する税の控除制度創設、集合住宅共用部分の固定資産税軽減を国の制度にする
「持ち家主義」の住宅政策からの転換をはかります。
 貧困対策としても、住居費の負担軽減は重要です。

CNISAの対象拡大
 これは、投機的投資を批判している共産党がいうのは意外に思われるかもしれません。しかし、今のNISAは株式は非課税でもなけなしの預金利息は課税されます。非課税対象を預金利息などにも広げて、小口投資家を保護する、所得税累進強化の一環です。

D高すぎる国の保育料の基準額を改善し、保育所、幼稚園の父母負担を引き下げる。
 言うまでもありませんが、保育料負担の重さは、若い子育て世代の頭痛の種です。


続きを読む
posted by 向川まさひで at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

参議院選挙、日本共産党の新しい取り組み

参議院選挙が日々熱を帯びています。
一方で、「何を基準に投票したら」という声があることも事実です。

今回、日本共産党はそういった声にこたえる取り組みをしています。

日本共産党 参院選特設ページ

CmFr_gjVEAA_Fhm.jpg


日本共産党テーマソング「この指とまれ」
posted by 向川まさひで at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

6月議会報告A 交付金不正問題について、日本共産党議員団より市民の皆様へ

 今回の国庫交付金をめぐる不正の事件は、市の行政を正すべき私たち市議会議員の役割も、厳しく問われるものとなりました。チェックが及ばず、不正を見逃す結果となってしまったことを市民の皆様に心からお詫びするとともに、改めて研鑽に努め、行政監視力の向上、議会の改革に取り組んで参ります。

 辞職勧告決議案が否決となり、市長の責任に対する議会としての明確な意思表示ができなかったことは極めて残念です。今後、決議案で指摘した事項が正しく進められ、市民の市政に対する信頼を回復しうるものかどうか、引き続き市民の皆様とともに議会からチェックしていきます。
日本共産党大和高田市議会議員団  沢田よう子・向川征秀
posted by 向川まさひで at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする